MAMEなblog ~絵描きな戦記~
下手の横好きで迷走するM∀MEのブログ. ブルブラ攻略有り(なぜ?).オリジナル小説もあります. 絵を載せるために始めたブログだったはずなのだが・・・. 今はもっぱらゲーム製作.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の成績発表~!英語で言うとデスティニー

今日はKOTOKOの「being」の発売日でしたね.
もうシャナは終わっちゃったんですが・・・.
でも欲しいなぁ.
とりあえず買いに行く時間を下さいorz
 
 
そして今日は・・・成績発表~!・・・ぐわっ(汗
前期は高校の知識でなんとか乗り切ったのですが(大学の知識使えよ),後期はそうもいかない感じで.
しかもロボコンが前期にまして忙しくなってダブルショック☆
そんなM∀MEの成績が今明かされる!
 
しかし便利な世の中になったもので,自分の成績が大学のホームページから見られるんですよね.
技術の進歩は素晴らしい.
で,成績ですが・・・
数学Ⅱ:×(×は不合格)
orz
まぁこれは覚悟してました.とゆーか仕方ないです.
再試験の日に自動車の免許合宿に山形へ行っていて行けなかったのですから.
まぁ再試験とかいわずに合格しとけばよかったんですがorz
そのほか.危惧していた機械システム基礎とか哲学の現在とか素描と表現とか作家とその世界とか物理Ⅱとか物理演習Ⅱとか(危惧してたの多すぎ)はなんとか取れてました♪
まぁ科目名きいてもなんだそれみたいなのばっかでしょうけど.
そんな結果にホッと胸をなで下ろしつつ下の方に目をやると・・・
CAD/CAM/CAE概論:×
・・・・・・・はいぃぃぃぃぃ!?
まさかの不意打ち.
一瞬何が起きたのか理解できませんでした.
何度見かえしても
CAD/CAM/CAE概論:×
えーと・・・・・マジですかorz
いや・・・あれは確かに授業には出てただけでほとんど寝てただけでしたけど不合格って・・・どーゆーことっすか!?
これは学校始まったら学生課か教務課に乗り込むしかないですね☆
続報に乞うご期待!
どうか学校側のミスでありますよーに(祈
 
 
絵が載せられないときの切り札にとっておこうと温存していたので
随分小説がご無沙汰だなーと思ったので今日は絵ではなく小説で.
決して絵が描けていないわけではっ・・・・ありますorz
誰か僕に絵を描く時間を下さいorz
 
 
では,不合格の原因が名前の書き忘れだったらどうしようとか焦燥しつつ今日はこの辺で
わりと落ち込む夜に
 
 
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.
 メビウスの世界-輪-
 第2章「日常の開始」第1節

 ↓
メビウスの世界-輪-
第2章「日常の開始」第1節

 
目を開けると長方形の明かりが見えた。
部屋の…灯り…?
さらに男の声が聞こえてくる。
「あ、気がついた?」
最近、同じ台詞を聞いた気がする。
「ここは…?」
今回は質問で返す。
「病院だよ」
声の主が横から、愛想に見えない笑顔で答える。
白い天井に自分が寝ているベッド。
清潔感のある部屋にベッドを囲むカーテン。
よく見れば聞かずとも病院のようだ。
「そうだ。君の名前は?
運ぶ途中に一度目が覚めたときに聞いたけど答える前にまた寝ちゃったから」
あの背負われていた景色は夢ではなかったらしい。
それならば敵ではないだろうが警戒するにこしたことはない。
「人に名前を尋ねるときは自分から名乗るのが礼儀じゃない?」
探りをいれる質問に気分を害した様子も見せずに彼は答える。
「それもそうだね。
僕の名前は奏 創一(かなで そういち)。高校2年生。」
なんでこの人は歳まで答えてるんだろう。
まぁいいか。
「私の名前は霧栖 叉世(きりす さよ)。17歳よ。」
「同い年かぁ。じゃあ何であんなところにいたの?」
「…わからない」
「え?」
そう。先程から思い出せないものが多々ある。
なぜあの森にいたのか。
自分はどこからきたのか。
家族は?
友達は?
自分というものを構成する記憶が名前と歳を除いてごっそり抜けている。
「記憶喪失かな?でも名前は覚えてるんだよね。
う~ん……あ、目が覚めたなら先生を呼ばないとね」
彼はベッドの頭の上にあるナースコールを押す。
すぐにドアが開き看護師と女医が入ってきた。
「どうしました?」
「彼女が目を覚ましたので」
彼は座っていた椅子を女医に渡す。
女医は椅子に座り、無言。
「どうしました?」
看護師が最初に言ったのものと同じ台詞で彼が尋ねる。
「……君?」
「はい?」
「女の子が診察されてるところをいつまでもそこで眺めてるつもり?」
「え?……あ…い、いや!そ、そんなつもりはっ!
じゃ、じゃあお大事にキリスさん!」
言うが早いか、女医の呆れ顔と看護師の苦笑に見送られながら、彼は慌てて部屋を出て
いった。
 
 
~あとがき~
やってきました第2章!
第1節短!・・・まぁいいか.
しかし見切り発車でよくここまできたもんだ^^;
 
最近悩んでること.
文章が長くならないorz
どうしたもんかなぁ.
あ,主人公の名前は自分で考えました.
ホント,誰か助言してくんないかなぁ.
感想もまだまだ(てか1つもきてないT_T)募集中です.
 
では,次回 第2章「日常の開始」第2節 でお会いしましょう.

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

M∀ME

Author:M∀ME
・職業
学生(医療関係のロボットを日々研究中)
・趣味
お絵かき,アニメ鑑賞,読書
・苦手なもの
早起き,勉強,トマト
・好きな言葉
刹那主義(今が楽しければいーじゃん)
・好きな小説
終わりのクロニクル,空の境界,グインサーガ
・好きな歌手
水樹奈々,カーペンターズ,ビートルズ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

回る~回ってく♪

ツ・ナ・ガ・ル!

月別アーカイブ

ラッセン美術館

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。