MAMEなblog ~絵描きな戦記~
下手の横好きで迷走するM∀MEのブログ. ブルブラ攻略有り(なぜ?).オリジナル小説もあります. 絵を載せるために始めたブログだったはずなのだが・・・. 今はもっぱらゲーム製作.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく

 森博嗣氏のブログは定期的(といっても一週間ごととかですが)に見てます.
 そこにこんな記事があった.
 「読書」に関することだ.
 僕も少し考えてみた.
 
 読書といえば活字離れがたまに問題になる.
 なぜ活字離れが問題になるのか.昔やっていたことを今やらなくなると問題なのだろうか.
 今はテレビゲームが盛んだが,将来ゲーム離れが進んだとしたら問題視されるのだろうか.
 ゲーム業界にとってはもちろん問題だが,活字離れのような問題視はされない気がする.
 それはなぜか.
 つまりゲームにはそれを行うことによってよい影響はないが,読書はよい影響があると考えられているからだ.
 確かに本を読めば読まないよりも語彙は増えるし,文章の読解能力も上がる.
 
 では,計算能力が上がるからといって,百マス計算を続けなさいと口うるさく言うだろうか.百マス計算をやってくれないのだと嘆くだろうか.
 別に特別に時間を使って百マス計算をしなくても,授業を真面目に受けていれば計算能力は必要最低限はつくはずである.
 ならば,語彙や読解力にしても勉強の中で身につけていけばいいはずだ.
 それを身につけさせようとせずに,ただ本を読めと教師が言うならば,それは職場放棄である.
 算数は算数ドリルで宿題が出せるが,国語は漢字しか出せないと言うのなら,指定した本を読んでくることを宿題にでもすればいい.なんの捻りもないが.
 
 趣味の欄に「百マス計算」と書ける(ユニークではあるが)ように,「読書」と書くこともまた可能であるし「百マス計算」よりも遙かに現実的だ.
 つまり読書とは趣味として認められたものである.
 それを勧めるということはつまり趣味の強制である.
 趣味とは自分の自由な時間に自由に好きなことを行うものであり,また生き甲斐でもある.
 それを自分が好きだからと適度に勧めるのはいいが,役に立つからと勧めたうえに,やらなかったからと嘆くのはどうだろう,と僕は思う.
 ガンダムの話を喜々としてすればたいていの人はガンダムオタクだと距離を置くし,宗教の勧誘をされればなんだか胡散臭く感じる(これは人それぞれかな).
 「夏目漱石くらい読んでおけ」と自由時間を使って嫌々読書はご勘弁していただいて,興味を持った本を趣味として読書したいものだ.
 
 
 とかそんなことをつらつらと考えつつ.思考のトレーニングは大事だと思うのさ.
 では,そんなことより大学の教科書を作った教授の文章力をどうにかしてもらえないものかと懇願しつつ今日はこの辺で
 教授の話を聞かないと理解できない教科書は文字通り“参考(にしかならない)書”である
 

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

M∀ME

Author:M∀ME
・職業
学生(医療関係のロボットを日々研究中)
・趣味
お絵かき,アニメ鑑賞,読書
・苦手なもの
早起き,勉強,トマト
・好きな言葉
刹那主義(今が楽しければいーじゃん)
・好きな小説
終わりのクロニクル,空の境界,グインサーガ
・好きな歌手
水樹奈々,カーペンターズ,ビートルズ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

回る~回ってく♪

ツ・ナ・ガ・ル!

月別アーカイブ

ラッセン美術館

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。