MAMEなblog ~絵描きな戦記~
下手の横好きで迷走するM∀MEのブログ. ブルブラ攻略有り(なぜ?).オリジナル小説もあります. 絵を載せるために始めたブログだったはずなのだが・・・. 今はもっぱらゲーム製作.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉 ロゴ

M∀ME「今日テレビを見てて思ったことがあるのよ」
道崎 紡「なんですか?」
M「その見てた番組ってのがネット検索をネタにしてる番組なんだが,なんていったかなぁ・・・・・カエルがマスコットキャラなんだが.カエルの検索生活とかなんとか」
紡「あー・・・・・ええ.わかりまた.タイトル違いますけど」
M「あれってゲストと喋ってる間,下に”アイドル検索”とか”番組検索”とかジャンル毎の検索ワードTOP20がテロップで流れてるんだよ」
紡「そうでしたね」
M「それの”小学生検索”ってので2位が地震で1位が火山.宿題か何か知らんけど気になってそーゆーのを調べてる小学生の後ろ姿を想像したらなんか微笑ましいなぁとか思ったりして」
紡「・・・・・ロリコンですか?」
M「力一杯違うわっ!」
紡「否定は一杯分でいいのですか?」
M「だあぁぁぁぁぁもう! いいこと言ってんのに! まぁ本題はそこじゃないんだが」
紡「違うんかいっ」
M「やめい! キミはそんなキャラじゃないから! 勝手に羽目を外さないでくれるかなぁ!」
紡「てへり♪」
M「まぁそれでだな(←無視),その番組の”ブログ検索”の6位あたりに”千葉 ロゴ”ってのがあったんだよ」
紡「あのロゴですね」
M「そう.あのロゴ.あえてリンクとか画像とかは貼ったりしないけど」
紡「面倒くさいからですか?」
M「ソンナコトハナイデスヨ? まぁ理由は後ほど」
紡「? で,あのどこかのフォントにありそうなシンプルという言葉を体現したようなロゴが何か?」
M「やっぱりデザイナーが考えたわりにはどっかにありそうなフォントだなーとか思うよね?」
紡「ええ,それはもう.これなら一般公募の方が凝ったのがでるんじゃないですか?」
M「そこだよ」
紡「え?」
M「一般公募なら採用されようとみんな頑張ってきっと凝ったカッコいいのがでるだろう.でもあのデザイナーは敢えて,敢えて! 誰も出さないであろうただのフォントみたいなロゴを考えたんじゃないかなーとか」
紡「確かにあんなロゴは一般公募では出てこないと思いますけど・・・・・」
M「だろ?」
霧栖 叉世「デザイナーがコレと言えば例え明朝体でもデザインだと思っているのかもしれないわ」
M「わーーーーー!!! キミはまたそんな物騒なこと言って! 然るべきところから然るべき制裁とかきたらどうすんだ!」
霧「男でしょ? 覚悟を決めなさい」
M「イヤだぁぁぁぁぁ! と言いつつも無責任にどんな考えも発表できるのは素人の特権だよなぁとか.だからって誹謗中傷はよくないと思うけど」
紡「この会話が千葉県やそのデザイナーさんに対する誹謗中傷なのではないですか?」
M「それはあんたらだけや! 僕は他の人が考えないようなことを発表できるなんてデザイナーってやっぱ色んな意味ですごいなぁと.そして千葉県もすごいなぁと」
紡「千葉県も,ですか?」
M「ああ.千葉県がロゴを作ろうってのはつまるところイメージアップとか知名度アップとかが目的でだろ? 前者はまぁ微妙としても話題作りとしてはかなり成功なんじゃないのか?」
紡「確かにそうですね」
M「だから千葉県があのデザイナーを選んだのもきっと正解だったんだよ.
で,今回は色会話じゃないみたいだが,これは正解なのか?」
紡「色分けでは読みにくいとの意見がありまして.名前が出てる方がいいとのことでした」
M「で,また仕様変更かよー.コロコロコロコロと」
紡「しばらくは仕方ないですね」
M「むぅ」
紡「それで,あの後で言うと言ってた理由はいったいなんなのですか?」
M「ああ.あれね.要するにさ,ここでリンク貼ったり画像貼ったりしたらまんま踊らされて知名度アップに荷担してるみたいでイヤじゃん.企業戦略に乗せられてるというかなんというか」
霧「この会話をしてる時点で既に踊らされているとは考えないの?」
 
考えません.ええ,考えませんとも.
ブログ検索で上位だったってことはこの単語を載せればここのカウンターもよく回るかなーなんてもとも考えてません.ええ,ちっとも考えていませんとも.
で,実際人と違うことをできるというのは基本的にはいいこではないかと.
僕の思考の基本方針は「他人と違うことを.他人と違う意見を」です.
別に何でもかんでも否定するわけじゃないけど.
とりあえず疑ってみるのは大事なことではないかと.懐疑主義的に.
「我思う故に我有り」です.考えてこその人生です.大袈裟か.
 
 
今日の名言
「悪い人間なんて誰もいないんです.
人間は悪意だけで問題を引き起こすわけではありませんわ.
それは,人間の数だけ異なる価値観があるからです」
  十条 紫苑(「乙女はお姉さまに恋してる」より)
 
だから戦うのではなく,攻撃するのでなく,自分の意見を伝えお互いを理解するのが大切だ,ということです.
 
 
では,今日はこの辺で
 
 
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.
 メビウスの世界-輪-
 第3章「片翼の天使」第8節

 ↓
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

ねこねこ~☆

「ヤバいねこだよねこ可愛いよ」
「貴方はいつも唐突に妄言を弄し始めますよね.ちなみに前回よりもちょっと色濃いめになってますけど道崎 紡です」
「・・・・・絶対性格違うって! なんか強気&アクティブキャラになってますよ?」
「本編中ではこうはできないので」
「・・・・・本編ではこの本性を隠してると?」
「禁則事項です☆」
「それが言いたかっただけ?」
「てへり♪」
「有意義にツッコまず話を戻すとねこなんだよねこねこ~☆」
「いったいどうしたんです? ねこアレルギーにでもなったんですか?」
「ちがわい.今日ロボコンの書類作ってたらねこが教室に迷い込んできてなぁ.それがもう可愛いのなんのって」
ねこねこ~

 
「これですか?」
「うん.可愛いでしょ? なんつーかこう,ねこってホントに丸まって寝るんだなぁ! とか」
「はあ・・・・・」
「これ絶対他の大学が送ってきた生物兵器だって」
「なぜです?」
「だってこいつがきてから書類作成全然進まなかったもん」
「・・・・・」
「まだこの可愛さがわからないかなぁ」
「いやまぁ可愛いのはわかりますけどテンションが異常に・・・・・」
「わからないならこれだっ(←聞いてない)」
通りたければクイズに答えるにゃ~

 
「これとかもう右足の曲がり具合がこう,ねこパンチ☆ って感じで.あーやべー足丸いプリチー!!」
「ネコすぐ死ぬからヤダ」
「クールビューティー叉世さん登場いえーーーい!!」
「何か不吉な言葉を吐いていますけど?」
「掘り返すなよ! せっかく人がハイテンションで誤魔化そうと思ったのに!」
「革命的な誤魔化し方ですね.それにしても,うまいこと自己紹介以外で名前を出しましたね」
「ははは」
「逆に言えば名前を出さないとこの方式では誰が誰だかわからないのね」
「ははは・・・・・こんなに苦労してるのにorz でも毎回同じ色なら次回からはわかるのでは」
「毎日読んでれば,ですけど」
「むぅ・・・・・」
「その前に小説を読んでいる人がどれだけいるか」
「・・・・・うう,叉世がいじめるぅ(泣)」
 
そんな現実にもめげずに今日も小説更新です.
でもその前に
明日はどっちだにゃっ

にゃ~
 
わりと凛々しい顔つきのにゃんこだったのでした.
 
 
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.
 メビウスの世界-輪-
 第3章「片翼の天使」第7節

 ↓
続きを読む

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

試行錯誤

「今日も私こと道崎 紡がお送りしま~す♪」
「いや,書いてるのは俺だが」
「書く? 何を言ってるのですか? 何か電波受信してますか?」
「するかっ! つーかこんなとこでそんなネタやめてください(泣)」
「てへ☆」
「・・・・・アナタソンナキャラデシタ?」
「知らないわよ.しばらく書いていなくて貴方が忘れたんじゃないの?」
「うっ・・・・・」
「そんなことより何か気付いたことない?」
「? そうだなぁ・・・・・あ! ほっぺにご飯粒が!」
「へ? え? えぇぇ!? ちょ,どこです!?」
「いや,ウソだが」
「真面目に答えてください!」ゴツッ
「そうだなぁ(←殴られた)・・・・・お? 会話が色つきに戻っとる」
「そうなのです.実は単色では読みづらいとの苦情がありまして」
「くっ,やはりか.だが何度も言うが,これメンドイねん」
「まぁそう言うだろうと思いまして.新たな案を用意してあります.第1弾いきます.そーれっ」
M∀ME「お,さすが.イインチョは違うねぇ」
道崎 紡「なに勝手に新しい属性を付加してるんですか」
M「やっぱ学園物にイインチョは不可欠かと」
紡「そんなお決まりいりません.というかメビウスって学園物だったんですか?」
M「わからん(きっぱり)」
紡「・・・・・」
M「学園物って言うほど学校での描写を大事にしてないし,かといってSFと呼ぶほど科学してないし.まぁ強いてあげるならアクション物なのでは? まぁアクション物と言うほどバトルもしてないのだが・・・・・つーかアレじゃね!? 結局何がしたいのかわかんねんじゃね!? 要するにダメ小説なんじゃね!?」
紡「なに一人デフレスパイラルしてるんですか」
M「冷たっ! 紡冷たっ! クールキャラは叉世だけで十分ですっ!」
紡「そうではなくて.別にダメ小説なんかじゃないんじゃないですか? これで一儲けしようと言うのなら別ですが,そうでないのなら誰か一人でも楽しんでいる人がいるのなら,それだけでこの小説は成功だと思いますけど?」
M「一人でもったって・・・・・そんなやついるのか?」
紡「いるじゃないですか.一番楽しんでいる方がここに」
M「?」
紡「貴方ですよ.楽しいから書いているのでしょう?」
M「あ・・・・・そう,だな」
紡「わかればいいんです」
M「俺ちょっぴり感動したぞ.ありがとう.しかしなんだなぁ.ここはそんないい雰囲気は長続きさせられないのだ.さぁそうこうしてるうちにネタが尽きてきたぞ.第1弾! とか意気込んでたんだから2弾もあるんだろ?」
紡「あ! そうでした! いきます第2弾そーれっ」
「・・・・・ん? 最初に戻ってないか?」
「戻ってないですよ」
「あーなるほど.自分だけ斜体にしたか.でもこれって実は色と違って文の終わりに毎文末に斜体終了タグを書かなきゃいけないよな?」
「ええ」
「てことは実は色変えるのと手間は変わらなくないか?」
「ええ」
「同時に三人とか出すならあとは太文字くらいしか手のないこの手法より色の方がよくないか?」
「ええ」
「利点ねぇじゃん」
「せっかく妙案を出してあげたのに!」
「ミョーな案だろが!」
「何ですって!」
「だからキャラ違うって! つーかもう喋んな! 喋れば喋るほど面倒なタグ入れが!」
 
本編の紡ちゃんはこんなことで声を荒げたりしませんはい.
オールウェイズ笑顔のまったりさんなのです.
 
ではそれを確認してみよう! ということで
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.

 メビウスの世界-輪-
 第3章「片翼の天使」第5節&第6節

 ↓
続きを読む

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

11月11日だった.

「今日も引き続き私こと道崎 紡がお相手します♪」
「ついに自己紹介から始まるようになってしまったか.まぁそれはさておき,ひぐらしのコミック収納BOX届いたー」
「応募した事実すら忘れてましたね」
「ああ.だがまぁきたところで使えそうもないなぁ」
「絵がアレな感じだからですか?」
「いや」
「やっぱりもったいないですか?」
「いや」
「?」
「あんなのに入れたらもう二度と読まなそうじゃん?」
「・・・・・」
 
そんなもんですよね.
で,
 
「そういえば今日,厳密には昨日は全国的に11月11日だったみたいだな」
「局地的に12月10日とかだったら困ります.で,それが何か?」
「11月11日と言えば!」
「ポッキーの日!」
「そう! ポッキーの日! いやむしろポッチー・・・・・って違ぁぁぁぁぁう!」
「違うの?」
「違うがな.シャア専用機とジョニー・ライデン機ぐらい違う」
「ほとんど同じじゃ・・・・・」
「今日は実はPS3の発売日だったのだ」
「そういえばそうですね」
「2日前から並んだ人とかいるらしいぞ.まったく,世の中は自殺予告だの核実験だのと慌ただしいと言うのに,暇人達だなぁ」
「どことなく憎悪のこもった言い方ですね」
「いや別にそんなことはないけどもね? 日本は今日も平和だなぁと」
 
そんなに急いで買うほど面白そうなソフトでてたっけ?
まぁ小さくなるまでは買わないんじゃないかなーとか思います.
 
 
では,どうして相沢祐一君がこうもキョンに見えてしまうのか苦悩しながら今日はこの辺で
有言実行な夜に
 
 
とゆーわけで
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.
 メビウスの世界-輪-
 第3章「片翼の天使」第4節

 ↓
続きを読む

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

延期

・・・KHNにようこそ.
 
PS2版うたわれるものの発売が10月予定にさらに延びるらしいですね.
むきぃぃぃぃぃぃ!
まぁクオリティが上がるためには仕方ない期間だと思って我慢するとしよう.
 
延期と言えば,夏休みももう少し延期にならないかなぁ・・・.
 
特にこれといって書くこともないのですが・・・そう言えば最近今更なが「るろ剣」を初めて読みました.てゆーか読み終わりました.まぁ借り物ですが.
いやー,なかなかでした.てか左之助カッコいい!いつかあんな粋なキャラを書くなり描くなりしてみたいなぁ.そしてそんなキャラが活きる粋なストーリーが書けたらなぁとか思う今日この頃.
 
今日はそんな決意が全く活かされていない随分前に書いた小説を載せるとしますか.
 
Marhyで「WALKING ALONE」を聞きながら
 
以下小説となります.
続きを読む からお楽しみ下さい.
 メビウスの世界-輪-
 第3章「片翼の天使」第3節

 ↓
続きを読む

テーマ:小説 - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

M∀ME

Author:M∀ME
・職業
学生(医療関係のロボットを日々研究中)
・趣味
お絵かき,アニメ鑑賞,読書
・苦手なもの
早起き,勉強,トマト
・好きな言葉
刹那主義(今が楽しければいーじゃん)
・好きな小説
終わりのクロニクル,空の境界,グインサーガ
・好きな歌手
水樹奈々,カーペンターズ,ビートルズ

回る~回ってく♪

ラッセン美術館

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。